何をやっていても想定外のことは起きる。
何の仕事をやっていても嫌な問題は起きる。
どこの職場にいても触れたくない人間関係はある。
どの役職に就いても、気苦労というものは起きる。
人間関係が嫌だから転職したいなんて殆どの人が一度は思うのではないでしょうか。

のっけからなんだかネガティブですが結論でいうと

ネガティブをポジティブに受け止めた方が気分は楽だし前向きに生きられるよ
って話です。

「そんなの無理」
「気の持ちようなんて気休めだ」

と聞こえてきますが。でも実際にそうじゃないかなと思うこともあります。
問題のない人、仕事、職場なんてものはないですし、3人いれば政治が始まると言われるように人間関係ってややこしいもんだと思います。だから結局問題は起きるんです。どんな問題が起きるなんて全部想像できないし、こっちの問題の方がいいなとか選択できないのです。

変えられるのはたった一つ。問題に対する自分の対応とか気持ち。

どうせその問題を自分が対応しなきゃいけないのならばいっそのこと
“ポジティブに自分を成長させてくれているんだ”くらいの気持ちで受け止めて問題解決に取り組んでみた方がきっと明るく前向きに進められるから人生を楽しめると思う。

例えば
「こういうとき、○○さんだったらどうするか?」と視点を変えてみる習慣をつけていくのも一つです。
「あの人はいい人だね」と耳にしますけれど、それは「あの人は(自分にとって)いい人だ」ということです。ほかの人から見たらまた別かもしれません。

つまり自分の捉え方によって人や、出来事、知識が良くもなり悪くもなるのです。

…そうは言ってもできない!

そりゃぁいきなり受け捉え方を変えてと言われても出来ないと思います。ぼくだってそんな前向きな日ばかりじゃないし。だからこういう受け止め方は訓練していく必要があるんじゃないですかね。心を自分でコントロールする事が大切だと思います。

出来る様に日々修行です。

ネガティブな感情にはネガティブな行動が。
ポジティブな感情にはポジティブな行動が。

笑いの治療効果、なんてのも研究されています。きついことをきついままで終わらせるかどうかは自分にかかってくるのではないでしょうか。
それでもダメなら?

環境を変えること方向で動き始めましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします