複雑なことを単純に
単純なことを複雑に 

は稲盛さんの言葉だっけか。

このブログを最初から読み直してみて”なんと読みづらい!”と改めて。
もう少しテーマを絞って書かないといかんですね。そこで冒頭の言葉に戻るわけです。

20年近く前のことだけれど放送作家の人とよく遊ぶ機会がありました。この人とは当時寝食を共にするくらい一緒に遊んでいて公私ともに非常な影響を受けて、未だに影響が続いているくらいなんだけど(今は元気なんだろうか?)彼が言っていたことですごく記憶に残っていることがあります。

才能があるヤツは難しい内容を
単純な一つの言葉で表現できる

台本を書いたりする時にはそりゃもうものすごく言葉選びを真剣にやるらしい。以来、文章を書く度にこの言葉を思い出し

“もっと簡潔にならないものか”

と自問自答してきました。このスキルは経営者に最も求められるものです。だって複雑に長々と話したって聞いてやしないし心に残らないもの。シンプルな言葉で伝えないと!

・・・ぼくには無理かも。
と思い始めてから何年経ったんだろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします