オルタナティブブログをRSS購読しているのだが、この“広報の資質”は非常に勉強になった。勉強になったというのは、自分の中で“整理ができ”、”納得することができ”、なおかつ”これからブログなどでコンテンツ発信していく際に必要な能力だろうな“と3段階で自己消化ができましたという意味です。

ブログから引用させていただき感想を述べてみますと

コミュニケーション能力があること

「意図的に印象を残さないようにする」ように心がけています。組織の社長の時もそうです。目立つと基本的には碌なことにならないと思っています。必要な方とはそっと接触するようにしています。また”対話を支配する力です”と書かれていらっしゃることで思い出したことがあります。
人材紹介業を行っているとき

”コミュニケーション能力不足で採用を見送ます”

という理由を企業から頂戴するときは非常に切ないものです。面接の世界で言われるコミュニケーション能力とは
”相手が求めているものを察することが出来
”適切に簡潔な言葉で伝える能力”という意味なんですよね。これもその場の対話を支配する力に似ているのかもしれません。

2)国語力があること

なかなか難しい課題です。自分の言葉とそれを聞いた相手が理解する意味は同じ用語でも異なるものだということについては常に意識するようにしています。意図的に説明するような口調になってしまったり文章がくどい傾向はあると自己認識しています。論理的思考力があるかどうかは疑問ですが、構造化言語を学んだりRDBMSの概念を学んだことはマインドマップ的な思考やロジックツリー的に物事を考えるのに役に立っていると今振り返って思います。

3)業界・製品知識、そしてそれを好きだと思う能力があること

これはそうですね。否定される方も文章を拝読する限りいらっしゃるようですが好きであること、知識があることは必須だと思います。違う視点を提供すること、製品ができるまでのストーリー或いは経営戦略に関するストーリーは第三者に伝えるときには必要なものです。ストーリーがないと物事はシンプルにならず、複雑な事柄は第三者にはさっぱり伝わらない結果になるとぼくもも考えています。

日本オラクルさんという会社がそもそも好きだということもありますが広報の方の考え方や言葉の使い方、クリエイティビティというのはマーケターの方とは違った視点で非常に興味深いものです。これからの企業サイト運営者はコンテンツをどんどん作っていったり流行を生み出す仕掛けを行っていく必要もあると思いますので、ウェブマーケティングの知識もさることながら広報的な視座も必要なのだろうなと思う次第です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします