社内コンテンツをアウトプットするのに最も手っ取り早く始められるけど、
もっとも挫折しているコンテンツはブログではないでしょうか。
ビジネスブログを立ち上げる目標は

  1. 集客のコンテンツとして会社案内以外の情報更新コンテンツとする
  2. 良質な情報を発信し、見込顧客との会話を行い信頼関係を生む
  3. 情報を更新するたびにページが作成され検索エンジンにインデックスされる

というような思惑のもと
問い合わせをブログ経由でガンガンもらいたい
というのがオフィシャル目標になっているはずです。
であるなら正しいブログ始めました
というセオリーがあると思われます。

  1. ブログのアドレスは自社名かサービス名+blogとかにする(商用ブログサービスは使わない)
  2. 訪問者はRSS登録ができるか、コメントが残せるか、メールで情報更新を取得できる
  3. 継続して読みたいコンテンツが多い

とまずはこんなところではないでしょうか。

商用ブログサービスは使わない、について

これは以前の企業ブログは自前で構築すべき3つの理由
で書いたようなリスキーさもあるのですが、
そもそも無料ブログサービスは
ブログ記事の数を増やして
広告配信スポットを増やす目的のために
ブログサービス会社がユーザを集めるために無料で提供
しているのですから、ブログサービス会社のために
あなたが記事を書いて
検索エンジンにせっせせっせと
インデックスを送っている状態なのです。

ですから、人的資源の問題や立ち上げコストを考えると
無料サービスを使わざるを得ないケース以外は
自社ドメインの管轄でブログを立ち上げるのが好ましいです。
そうでないとサービスコンテンツへの導線づくりも難しいですし
ウェブ解析も正しくできない可能性があります。

リピート読者を増やすために

一昔前はブックマークしたウェブサイトの更新は
ユーザが自らウェブサイトを再訪問しないとわかりませんでした。
ウェブサイトが更新されたことを通知してくれ
ソフトウェアがフリーで出回っていましたよね。
しかし今は情報が更新されたことを
自動的に通知できる仕組みがあります。
一人でも多くの方にリピーターになっていただけるように設定をしておきましょう。

”このサイトの更新情報をメールで通知する”
というボックスを見かけた記憶はありませんか?
 

RSS登録するというボタンを見かけた記憶はどうでしょう。

継続して訪問してくれるユーザーを増やすために

ブログを担当するということは仕事です。
継続してみてもらえること、再訪問してもらえることが重要です。
そのためブログのテーマもある程度絞り込んでいきます。
個人的な家族とのことや、週末の旅行、趣味のことなど書いても
会社のファンは増えません。
良く見てみると挫折している企業ブログの殆どは
こうした情報で占有されています。
あなたの個人的な事に見込顧客は残念ながら興味がないのです。

書くべきことは、業界に関することサービスに関すること。
ハウツーや最新情報、イベント参加報告、
自分が読んだ業界関連記事のフォローなど。
これは結構使われている手です。
他のブログが書いている記事をベースに
自分の意見を述べてトラックバックをうっていくということや、
コメントを残すという事もぜひやってみてください。

やってはいけない企業ブログ

タイトルと内容が身内ネタ
サービスを作っている人の紹介などならば
興味を惹かれることもあるでしょうが
そもそも良く見かけるのはタイトルが

「会議です」「おはようございます」「今週も大変です」
「会議がありました!」「今週もはじまりました」「もう秋ですね」

そんなタイトルはどうでもいい。
ラジオのような身内ネタは
見込顧客の方にとっては定期的に読みたい・知りたいことを
教えてくれるコンテンツではないのは明らかですよね。
こういう内容はクローズドな
SNSの友人同士でやっておくほうが無難です。

更新されなくなって放置されている

更新されず放置されている企業ブログほどみっともないものはありません。
みっともないならまだマシ。
この企業は経営しているのか?
と不安感を訪問者に与えてしまいます。
ブログコンテンツはできれば毎日更新されることが好ましいです。
しかし始めたばかりなら
まずは最低1日おきの更新を目標に
計画を立てていくことがより良いと思われます。
さらに継続するにはネタが必要。
ネタを生み出す自分なりの方法を作っていくことが必要です。
ここを考えないままに
取り組む会社が多いのですが、それは無茶です。
きちんとコンテンツを考える編
集会議の場を持ちたいものです。

人のブログをたくさん読んで勉強することはとても大切です。
本当にいろいろなブログがあります。
良質なブログは非常に勉強になりますし
キーワーディングやテーマの絞り込み、
ネタを膨らませ方など参考になることばかりです。

ブログに関して期待すること

このほかブログについては意識しなければ
いけないことが非常に多くあります。
ただその行動は

まだ会っていない潜在見込顧客にとって
有益な情報をつたえていくこと、が目標であり、
そのことを意識して記事を書き
ライティングスキルを磨いていくことで

  • 良質なコンテンツが検索エンジンにインデックスされ検索結果も上位表示される
  • 良質なコンテンツが記事の感染力を高めていく

という2点が結果としてついてくる、ということになるのです。

目的が手段化すると見透かされる

よく混同されるのですが
”検索エンジン上位表示されるためにどうすればいいのか”ではなく

”良質なコンテンツだから上位表示される”のです。

ときたまそうではないコンテンツも見かけますが
それは検索エンジンのアップデートが行われるたびに
消えていったりしますので、気にしないことが重要です。
そもそも良質なコンテンツではないのですから
訪問者が問い合わせをする確率も低いはずなのです。

ということで、ここではまず

  • 可能な限り自社ドメインでブログを構築する
  • 自社が関連する業界・サービスに関しての記事を書く
  • 毎日1回更新、最低でも1日おきには更新をしていく

ということを社内でコンセンサスをとってください。
ちなみに執筆者は一人でも、何人かで持ち回りでもOKです。
そこにコダワリはありません。
キャラクターを設定して動かしている場合はともかく
一般的な企業ブログでは
誰が書いたのか、ではなく何が書かれているのかが重要なのです。
だって知名度がない企業の知名度がないブログですから。
信頼ってそこから始めないと無理ですよね。

さらに”誰に伝えたいのか”を明確にイメージして
コンテンツを書く方が
より訴求力ある文章を書く上で非常に役に立ちます。
それが「誰かにとって」の「良質なコンテンツ」になります。

だからソーシャルやれば売上が伸びるなんてありえないのです。
昔からの知人にたまさか再会して
購買関係が始まったとかそういうケースはあるでしょうがね。
ソーシャルを介して自分の会社のウェブサイトを見てもらって
問い合わせを貰ったはあるでしょう。
ハブ的な利用であっても、
やはりコンテンツそのものがないと
そこに購買は発生しない訳です。

「ソーシャルメディアを介して信頼関係を構築していく」
が一番の強みなのですからね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします