数字を追うには執念が大事

会社の経営でも最後は執念が大切だと先輩からよく言われました。
営業で数字を追いかけている時も「もう諦めるのか!!」とよく怒鳴られたものです。
内心では無理なものは無理!と思っていましたが。

土を掘り続けるということ

最初は乾いた土ばかりを掘ることになるかもしれないけれど諦めずに努力を重ねていけば必ず湿った土がでて見込みがでる。
少しだけ掘ったからといって「見込みがないわ」と放り出しては何もなし得ることはできません。乾いた土を掘ることが大事でありそれがなければ水を得ることはできないのです。

全ては行動することから

行動はすぐ結果に結びつかず困難が伴います。でも土を掘りきることも大事です。何度も何度も失敗をして成功が手に入るものです。多分人生で最大の失敗は、失敗を恐れて行動そのものを行わないということです。

どこの土を掘ればいいのか?
どうやって掘ればいいのか?

それは事前リサーチが大切だしテクニックを身につけていくことだと思います。

今日のまとめ

行動しないことが最大のリスク。そして最後までやりきることがどんなに困難なことか。振り返れば自分は「執念」「執着心」がちょっと薄いかもしれません。もう少し欲をもって色々すすめてみる人生もいいのかなと最近思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします