直帰率についてです。

 

直帰率とは

直帰とは何だ?という話ですが直帰とは

  • ユーザがウェブサイトを訪れて
    そのランディングページ(閲覧開始ページ)のみで
    離脱してしまう事
  • をいいます。

    直帰率とは1ページ目で離脱されてしまった割合のこと
    で算出方法は

  • 直帰セッションを流入セッションで割ります。
  • ※ページビューやユニークユーザではないことに注意。

    一般的には直帰率の目安は40%とされています。
    これ以上高いとランディングページを改善する必要がある、
    というわけです。
    つまりユーザがウェブサイトを訪れて
    「目的のページと違った」
    「目的とは違うサイト」
    「一目見てナビゲーションが判りにくい」
    などと考えて去って行ったと考えられるからです。

    直帰率を下げる方法

    いくつかあるのですがオーソドックスなところから。  
     

    1.何について書かれているのがをはっきり明示

    サイトを訪れたユーザはまず第一印象で
    ページに留まるかどうかを判断します。
    訴求力を高めるには見出しを
    しっかり書くことが第一です(煽りにならないように)

    2.ナビゲーションを判りやすく

    ランディングページから次のページに移動するための
    ナビゲーションがページをスクロールしなければ見えない場合、
    一般的に直帰率は高くなるといわれています。
    またナビゲーションボタンの位置、
    配色を変化させることでクリック率は高くなる
    とも言われています。
    レイアウトの変更、フォントの変更など複数の要素があります。

    ランディングページを専門で制作する場合には
    多くのノウハウがあって、更にはA/Bテストなどを
    実施し確率を高めていく施策を
    実行するところが増えてきています。(いわゆるLPOです)

    分析の際のポイントのひとつ

    直帰率が高いけれど、ページビューも高い、
    更にコンバージョンに繋がっている
    という条件にあうページを見つけてみることもあります。
    これはコンバージョンに貢献している
    コンテンツを含むページの直帰率が高い場合
    見込顧客を逃してしまっているかもしれないという仮説
    が成り立つからです。
    直帰率はユーザビリティとも結びついているので、
    関係者と協議して対策を講じていきます。

    直帰率の高さに惑わされない

    直帰率が高いのはダメなのか?
    というと一概にそうとも言えません。

    ブログなどの場合は平均閲覧ページビューが少なく、
    直帰率も高いというケースがあります。
    これは新着エントリーだけを見て
    サイトを離れていくリピートユーザが多いという理由です。
    その場合は再訪問率を把握すれば理解ができます。
    つまりウェブサイトの目的や役割によって直帰率は異なる
    という前提があるわけです。
    基準値40%というのは一般的な企業サイトなどの
    場合の目安にするのがよいかもしれません。

    こちらの記事も参考に
     ・33の業界別、集客関連KPI(平均直帰率/平均検索流入(SEO+PPC)割合/平均ソーシャル流入割合/訪問あたりPV数など)まとめ

    離脱率に関してはまた違うエントリーで。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします