事前準備も完了し、上級ウェブ解析士講座初日(Day1)です。
ぼくが受講したのは前回、初級ウェブ解析士講座と同じ
 ・ベースキャンプ名古屋。
1回行っているはずなのに、道に迷う。おかしい。

そういえば昔新横浜駅のクライアントさんにお伺いしたときに
(駅から10分くらい)思い切り道に迷って、担当者の方に電話して
泣きついたのを思い出しました。(電話口で誘導してもらった)
なんて営業だ。スマホで地図も見ているのに。

講座初日

会場につくと慣れたもので、ルームに入ります。
確か8人くらいだったかと。さらっと自己紹介をするのですが
石川県から来たというと、軽い驚きが。
そりゃあ日本海側から太平洋側に来ているのは「えー」となるかも。
でも特急1本で寝てこれるのですよ。京都も大阪も1本。
行きかたが面倒なのは長野と東京くらい。それも2年後には新幹線開通して
2時間半でいけることになるので、楽ちん。って話がそれた。

上級ウェブ解析士講座にはテキストがありません。
事前課題に関する模範解答+当日の演習課題が配布されます。
数学の応用問題を思い浮かべていただければ近いような遠いような感じです。
演習課題1つ1つを、その場で話を聞きながら
チームになって回答を模索していくようなスタイルです。
※当日はチームは4つにわかれていたような記憶があります。

数字をグリグリ廻しているよう業務を担当されている方には馴染みがありますが
制作畑の方や定性的な業務が多い方には、新鮮な感じじゃないでしょうか。
(配布物の写真アップしようと思いましたが怒られるかもしれないので止めた)

事前課題を行っておくこと

事前課題をしっかり進めておくことが重要です。
事前課題の内容もチームでお互いにお披露目し合います。
他の方の資料とか調べ方、考察を聞くのは楽しいです。
マインドマップ方式で分析をされてきた方がいたなぁ。あれは新鮮だった。

講座では予算目標を立てるための演習課題や値算出、データを読み解き分析し
仮説を立てていくような手法をチームで話し合いながら進めていきます。
5時間みっちりやりますので、事前のお食事は忘れずに。


(イメージ写真)

リスティング広告やメルマガ効果を初めとして
ウェブサイトへの集客とコンバージョンに至るまでの
あらゆる導線を考慮していきつつ、値を算出したり
データを基に何かを読み取るなどウェブ解析に求められるタスクを
一気に行っているような状態なので、ワークショップとしてはとても楽しいです。
何が正解なのかっていうのはありませんが、計算としての正解はありますので
初級で学んだ知識や、業務上で学んだセオリーなどはとても役に立ちます。

講座2日目に向けての課題

初日終了後、2日目に向けての課題が用意されます。
この課題に向けての注意事項説明がはいりますので、聞き洩らしがないようにします。

こんな感じで上級ウェブ解析士講座初日は終了です。
事前課題+当日の演習、という流れで構成されていますので
独学しておくことが重要になってきますね。
ちなみに当日ウェブマーケティング関連サイトのリストを配布してもらいました。
GAに関するサイト、SEO、SEMという分野のサイトが主で16サイトですね。
ほとんどのサイトをチェックしていたので、「あぁ押さえておいてよかったんだ」と思いました。
外にでて相対的なことを知る事は大切ですね。

ぼくはこの日名古屋に宿泊して翌日清州城とか名古屋城を回って帰りました。
そして自宅に戻るとメールボックスに2日目の課題が到着します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします