最近どうも気忙しい。
気忙しいってのはあんまりいい傾向じゃないんですよね。
どっかで漏れが生じるので、
世間的なゴールデンウィークを利用して
今一度整理をしなおして、(勝ってもいないのに)
兜の緒をしめなおさなきゃ。
 
20140427
Some rights reserved by Thomas Leuthard
 

実務を始めると理想と現実に向き合い始める

ありがたいことに何社かのサービス立ち上げを
お手伝いさせていただいています。
その中でもブログ的なことや、
メールマガジン運用、
ソーシャルメディアアカウントの運用を含めたサービス運用を
一定のフレーム内で受けている業務
があって。

コンセプトワークづくりからずっと関わっている中で、
サービスが立ち上がって、専任スタッフが入るまでは
「実務もぼくがやるべきだろう」
と判断しました。
 
で、実際にこれらにかかわってみると
想像していた以上に時間がとられます。
ブログ記事を1本書くだけでも半日はかかりますしね。

そう考えると、先週話題になっていた「ブログ飯」って、
いったいどうやってエントリーを量産するんだろうか、と考えたりします。
そもそもいつからブログはご飯のもとになってきたのかな。
 

きっかけづくりとしての「コンテンツ」

話が横道にずれそうなのですが、
まぁそういうことでこのブログの更新が滞っていたわけです。
 
書いた内容についても、読み返すと
向上させなきゃいけない余地がとても多いです。
文章はもちろん、視覚的に伝えるための技術とか全部。

そもそも「ブログ」をやりたいわけじゃなくて、
「コンテンツ」を(ウェブに限らず)しっかりつくって、
ターゲットとなるお客様に届けたいんですよね。

で、届けたところから始まり、みたいな。
要はきっかけづくりとしての「コンテンツ」が必要で、
それは文章だけじゃないんです。
 
理想には程遠い現実と毎日向き合っています。
現実的に「ウェブ担当者」っぽいことを始めているので、
個人的には今年はセミナーだとか勉強会とかにも
ちょっと出かけてみようかなと思っている。
(でもお金を払ってツールの説明を聞くセミナーは避けたい)
 

やれる人にいろいろお願いしたいけれど

サービス(B2B)自体もスタートして
1か月目が目の前にやってきて、
いろいろ洗練させていかなきゃいけないところも出始めてきていますしね。
そのなかでもクリエイティブ関連について一緒にやっていける人。
具体的にはウェブエンジニアだったり
イラストがかける人(できれば漫画的に!)
と知り合いたいなぁとか考えています。
 

能登地方で誰かいるかな?

能登半島に誰かいるのかなという不安(疑問)や
事業として進めている以上、(ぼくは決裁権者ではないけれど)
キャッシュタイミングのこともあります。
こういったロードマップの中で
どのタイミングで進めていけばいいのか。
具体的に知り合って、距離感を縮めていくような活動とか、
本件以外の周辺のことに関しても最近は考え始めています。
誰かと知り合ったとしても、「外部委託」じゃなくて
スタッフとしてかかわっていく必要もでてくるような雰囲気なんですよね。
そういう背景も行動を起こすための
第一歩が鈍くなっている原因かも。
単に発注するだけなら、すぐに動けるものですしね。
 
そのほか社会保険労務士の方や介護業界の方で、
ビジネス方面や厚労省の動きについて強くて、
ご自身の経験や知見を自社サイト以外でアウトプットしたい、
って人とも知り合いたいなぁと考えています。
まぁ結構無茶な欲求ばかり先行しているんです。

ここに書いたようなこと以外に、
仕事でもプライベートでもやりたいことはたくさんあるけれど、
いろんなことが追いついてきていない。
 
DSC03436
 
とりあえず今は今年初めて
二条城ライトアップに行くことができたのですが、
全然写真が撮れていなくて激後悔したので、
新しいコンデジとブルーレイディスクレコーダーがほしい。

カメラつかう場面結構でてきそうだし。
でも「やりたいことが多い」とか、
「ほしいものが多い」とかって手にできていない時は、
悶えたりするんですけれど、
そういう対象があるってこと自体がしあわせなことですよね。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします