最近本やテキストを読みながらピトしたり
メモったりすることを以前にも増して
意識してやっています。

読みながら、自分の意見をふきしつつ
メモることもあるんですけど
時どきそれが出典をかいておくのを忘れちゃうことがある。

そうすると、メモが
自分の意見なのか
テキストをみつつ、混合してかいているのか
引用そのものだったのか

がちょっとわからなくなるケースがある。
引用そのものは文章が綺麗だからさすがに判るだろうと思うけど
「何の本だっけ?」ともなるんですよね。

今朝の「これなんだっけ?」はコレです。

By: Matt E

ワークライフバランスって
「残業なくしましょ」
って方向で議論されているけれど、
個々人において
仕事とプライベートの適正なバランス配分、比率なんて違うよね。
一緒だったら、議論にならずに決定して話は終わるじゃん。

何か一つの方向にいくこと。
過剰な労働搾取に対する
セーフティネットを設置することには賛同なんだけど
その一方で自分で自分の価値観にあった働き方が
選択できるようになることも大切だよね。
結局何かとのトレードオフになるんだし。

つまり社会に多様な選択肢が提示されて受け入れられて
組織はその価値観にあった受け皿として
機能することが大切なんじゃないかな。
だからいろんな制度があってもいいし
いろんな組織があってもいいと思う。

インターネット的な社会になってきて、
明確に仕事とプライベートの境界がひきにくくなってきている。
10年前と比べても全然違ってきていますよね。

それに消費者として何かを購入したり消費しつつ、
その体験を仕事に反映させたりって経験あるでしょ?
週末に上司や部下、同僚からメールや電話、
LINE、SNSを介して、仕事絡みの話がきた!
なんて経験、多くの人がしているんじゃないのかなぁ。

もうそうなると公私混同じゃなくて公私渾然
渾然一体だから、公私一体ですよ。

なんかの文章にインスパイアされているんだけど
どこで見かけたのかなぁ。

最近ワークライフバランスの議論に参加したことがあって
その会話が印象に残っている時に
どこかでテキストみたんだよなぁ…

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします