ことしのDECADEを更新しました。+11なので21年分ですね。今回が3回めの更新です。年末が近づくと「今年はなにをやったかなぁ」と意識しながら、日々を過ごすようになっています。

もともと毎年職務経歴書をアップデートしてきたのですが、DECADEにきりかえたことによって毎年の活動をギュッと書き出すようになりました。1年を1枚にまとめることは、自分がなにをやってきたかをふりかえる習慣づくりになるんです。1年まえと現在の自分の距離を推しはかるのにも便利ですよ。

というわけで、最新版をアップしました。

こんかい最初のページから読みかえしましたが1997年から2005年くらいまでは、かなり精力的にうごいている。で、そのあとの6年くらいは消耗して疲弊してきているんですよね。

「今年はなにをやったかなぁ」と思い出しながら書くのですが、「今年はなにをはじめたかなぁ」という表現のほうがしっくりきます。それはやっぱり攻城団を永続化するための活動に参加したおかげだと思う。

このエントリーをうけて書いたのが、下のエントリー。
 

DECADE」を更新しはじめたきっかけは攻城団団長のこうのさんなんだけど、更新しはじめて3年後に攻城団をいっしょにやることになるとは、さすがに想像してませんでした。
 
それと、今年は事業開発のおてつだいをしているなかで企画書、事業企画関連のドキュメントをものすごく書いたんですよね。恐らくここ数年で一番かいたんじゃないかな。秋元さんの言葉でいえば、「企画書をかくことがシゴトじゃない」のだけれども、思考のプロセスを記録すること、記録を共有して仲間をふやすことが目標的なこともあって、けっこう書きました。あとは対金融機関向けの資料もすこしつくりましたね。
 
年末に近づくにつれて、少しづつ結実しはじめていることもあるので、来年以降はもっと大きく実現させたいなと思っています。でも、そのまえに想像している以上にケアレスミスがおおいことを思いしらされる機会が最近ふえていて。精度をきっちりとあげていくことも意識しなきゃなぁとか反省もしています。
  
IMG_6000

ぼくは無常観がつよいタイプなのですが、そうした感情のなかでも「来年はどんな年になるのかなぁ。どういう年にしようかなあ」と、想像しているとやっぱり楽しみですね。なにかとバタバタしそうな気配もあるけれど、地につけた足を離さないようにしっかり踏み固めながら、進めていきたいですね。

あ、そうそう。年末に商工会議所に入会届けだしてきました。東京時代をふくめて、こういった団体に所属することは初めてなので、来年はこっちのことも少しエントリーしていこうかなあと考えたりしています。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします