ビジネスを育てる-読みました-

これは本当に名著。ウェブ以前に書かれているけれど、そういう時代を越えて本質的はことが珠玉のように綴られています。商売をする人なら一度は読んでもらいたいと思います。
 

人をクビにするのは経営者の失策だ。みんなが不幸になる。
人をクビにしなくて済む最良の方法は採用だ。
採用こそがあらゆるビジネスでもっとも重要な活動だ。
採用の善し悪しがビジネスの成功に大きな違いを産み出す。

ビジネスで発生する問題の半分は経営者の認識、態度、実行に因がある。そして残りの半分は人の採用が原因だ。人物の人となりをみて採用しよう。肩書ではなく。成功する企業は個人行動の総和ではなく、相互作用を重要視する。あなたが見上げることの出来る人を採用しよう。採用のプロに任せてはいけない。採用は経営全体を決めるカギとなる重要な仕事だ。人間同士の濃密なやり取りを経て共に働く仲間を見つけよう。

いや、もうのっけから正論ですよ。要するに誰バス問題なんですけどね。
 

仕事はダブルチェックがあって完結する。仕事の99%にミスがないのであれば、理屈上は同じ仕事を2回繰り返せば、1%のミスは1/10に減らせる。仕事を2回やるなんてコスト高だ。たとえ減っても僅かなものだと思うかもしれない。でも仕事にミスがないなんてありえない。だからダブルチェックしてミスと闘う。もし自分たちがミスを減らす努力をしなければ顧客が代わりにやってくれる。その代り、ぼくたちと違って顧客はミスを許さない。2度と注文をくれなくなるだけだ。

これはもう仕事に対する組織としての姿勢の問題ですね。
((経験)+(知識)+(スキル))×(姿勢)=キャリアってのは何も個人のはなしだけじゃない。

強い顧客倫理は創業時から中心に据えられているべきである。例え時に損をしてしまうことがあるとしても、ビジネスが成長するに従い、ますますサービス品質を維持することに心を砕かなければならない。サービスは顧客が満足してはじめて、完結する。

この部分や

顧客が第一?違う。社員が第一なのだ。ただしそれは素晴らしいサービスを提供するために、だ。顧客に対する社員の態度は、経営陣の社員に対する態度を反映するものだ。ポジティブな社員倫理を持たずして、社員の中にポジティブな顧客サービスが植え付けられるはずがないのである。見事なまでにお互いが感応しあっているのだ。 

この箇所は、ぼくが従来かんがえてきたことを、すっと書いてくれている。CSとかESとか言われたりして円の中心に何を据え置くのかって話はよくしてきたけれど、ぼくは経営者の仕事は「みんなが働きやすい環境をつくること」に尽きると思う。顧客を獲得することも重要だけど、それすらも「みんなが働きやすい環境をつくること」の一環として考えてきた。それが組織の「持続性」を担保する条件づくりになるんだから。
  

現場で「お客様」に提供されるサービスが壁に掲げられた信条に基づいて、行われることはない。では何に基づいて行われているかというと、それは創業者、オーナー、マネージャー、そして現場を預かる一人ひとりの従業員のもつ視点や倫理だ。即ち壁に貼られた標語が効力を発揮するのは、唯一現場の担当者の信念にまで落ちている時なのである。
あなたのビジネスではどうか。あなたの信念は刷り込まれているだろうか

コア・バリューの重要性と、それをきちんと組織に浸透させていく必要性の話。
 

市場からのパーミッションは資本金の何倍も重要だ。今どきの広告ときたら、右を向いている消費者を無理やり棍棒で左にねじ向けるような力技でなんとかしようという魂胆でしかない。
価値ある商品を扱う効果的なマーケティングシステムは逆の求心的なものであるべきだ。

この話は結局のところスモールジャイアンツの一節にあった「矛盾のない一貫した誠実さ、整合性」があるがゆえに、得ることができる信用につながってくると思う。

人は本来、人間としてのたしなみというものを持っているはずだ。そしてその嗜みはビジネスを始め、行う時にも維持し続けるべきものなのである。品質の良さと正直さで創業したとするなら、そのことはずっと守り通さなければならない。やめていい理由はない。顧客に本当のことを言うのをやめれば、あるいはそもそも創業時から言っていないとすれば、後になって取り返すことは難しい。正直さの価値は純潔さと同じく、かけがえのなさにある。「ほんものとは、どうあるべきか」について、これは言っている。有言実行を心がけよう。そして、言ったことで人は作られていくものなのである。

災い口から出て身を破る。幸いは心からでて身を飾る。飾りたいから装うのは本末転倒なんだけど、この付近の思考はあなたの価値観が経営の背骨になるとか、理念は共感をうみ、共感は理解をうみ、理解は行動をうみ、行動は結果をうむでも色々書いてみている。
 

ビジネスを二つはじめないこと。アイディアというものはふたつで十分。それを軌道に乗るようにするだけでも大変な労力が必要だ。1つの事に集中しよう。1つをやり遂げて初めて、次の新しいことに着手できる。

この話でいうなら、かつていっぺんに5つ走らせようとしたんですよ。だとすれば集中できるはずないわ。
 

当たり前の事だが、あなたのビジネスはあなたのためだけではなく顧客のためにある。市場を「制覇」なんてできない。そもそもビジネスを戦争になぞらえる考え方に洗脳されてはいけない。人はごり押しのセールスなど好まないものだ。良いビジネスアイディアというものは常に人の傍にあるが、でも人が気づかない何かを提供してくれるものだ。起業家はその「何か」に目をつけ、提供する。そこで初めて顧客が財布のひもを緩めてくれるのである。

このことを前提として頭のなかにうかべつつ、次を読む。

グレゴリー・ベイトソンはかつて、情報を構成する主要な要素を「違いを作る違い」と定義した。
商品をその含有する物質的なものではなく情報の量を重視する経済においては製品やサービスを製造したり、顧客のもとに届けたりするのにいかにして「違い」を創造できるかが成功の鍵となる。この傾向はスモールビジネスに有効だ。少なくとも、機敏でかゆいところに手が届き市場の声に耳を傾けて即座に対応できるビジネスが競争優位に立つことは間違いない

まぁ徒労に終わることも正直いって多いんですけど、徒労した自分は自分だけのものだし、きっと誰かが見てくれているものです。
 

誤解しないでほしいが、成長しなくていいとは言っていない。成長は必要だが、別のやり方で成長すべきなのだ。規模がこれ以上大きくなる必要はないし、望むべきでもない。規模の大きさはもう十分だ。
その意味では工業化社会は自らの成功の犠牲者といえる。ぼくたちの経済はもはや規模では大きくならない。規模の大きさではなく、より特別に、より多様に、より個人のニーズや欲求にマッチしたものとなるはずだ。ぼくたちが慣れ親しんできた経済は、ぼくの言葉でいうなら「情報化社会」にとってかわられたのだ。

耳障りがいいとか、優しいことばで伝えると「成長しなくていい」と解釈する人がいるのは確かです。

ビジネスとは実行である。アイディアも大事、情報も大切だ。創造性も欠くことができない。しかし何よりも重要なことは実行である。ココロを平らにして実行をもりもり重ねること。
ビジネスが失敗する基本的要因はきわめてわかりやすい。顧客がいないことである。あなたが店開きをしても、市場の嵐がそよとも吹かない。要するに売れない。商品はいい。役に立つ。創業プランは満足のいく出来栄えだ。ところが肝心のパズルのピースが足りない。どうしたらいいんだろう。

常にお客様を増やすにはどうすればいいのか。いまのお客様がリピートしていただけるのはどうすればいいのか。いまのお客様にお客様を紹介してもらえるにはどうすればいいのか。この3つをきちんと考えて可視化しておくといいと思う。そしてやっている会社はとっても少ない。

ビジネスほど経営者の人柄を試しむきだしにしてしまうものはない。あなたはビジネスを通して人柄を試されているのである。顧客、取引先など、すべてビジネスで接触する人々との付き合い方は試金石のようなものだ。

これは本当に、心の底から同意する。
 

創業し、ビジネスを育てていくことはキレイゴトではない。ビジネスを育てるという事は、あなた自身が汚れ仕事にも自ら精通することを意味する。初めの初めに業務全般について正しくコントロールできるだけの力をつけよう。業務がどのような基本要素によって成り立っているのか知ろう。このことは後に、業務分担の割振りができるようにするためにも必要だ。最初のこのような地道なプロセスを飛ばしてはいけない。後々トラブルの原因になる。どのような成功したビジネスであっても、最初は地味な業務から始まったのだ。

ウェブ以前に書かれた本だがウェブ以後ここに書かれている事が更に問われる様になっている。経営、マーケティング、カスタマー対応等ビジネスを育てるためにどんな心構えと留意が必要かを大乗的な視点で書かれてます

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL