組織は人なりというけれど。

企業は人なり
事業は人なり
経営は人なり
色んな言い方があります。

個人が変われば組織が変わるってこれは過去にぼくが仲間と実施してきたセミナーのメインタイトル。個人的にこのタイトルは物凄く気に入っていて、”自立した個を目指していく”という意思が込められているようで力強く感じます。※ちなみにタイトルを考えたのはぼくじゃない、残念。

環境を変えていくのは人。でも人は環境によっても変わる。

自分は間違っていないという前提

会社を変えていこうとするとまずどうしても個人の意識を変えていこうと人事部門は取り組みます。或いは突然理論・戦略系の研修を導入するとか。しかしそもそも「個人の意識改革と組織風土を改革すること」と、「知識系の研修を導入する」こと。これらは全て別物なんですよね。
 
個人の意識を改革していくのは物凄く難しいす。年を重ねるごとに人は自分の価値観・考え方が固まっていき自己形成してくるから。意識を改革するというのは価値観を再構築することですから、とてつもなく難しいのです。更に人は〝自分は変数ではなく固定軸〝と考えて〝周囲が変わるべき〝と考えている事の方が多いんです。つまり「自分は間違っていない」という前提で物事をとらえることの方が多いってこと。

組織風土を変えるには行動基準を変えること

組織風土改革というのは環境を再構築することです。それは評価制度の見直しにもつながります。評価制度をいじるという事は業績・プロセスなどあらゆる行動に関しての評価を見直すということですからこれは相当大きな変革です。
 
例えば自律型人材或いはチャレンジを良しとする価値観を導入しようと検討したとする。すると「チャレンジして失敗したからといって飛ばされる」とか、「職位が降格する」といった評価はNGになるはずなんですよね。そもそも職位の変動が人材価値ではないということを前提にしなきゃいけません。じゃないとリスクが多いと考えてチャレンジなんてしません。
 
また企業理念の浸透という視座から、行動評価基準を再構築することに着手する必要もあります。だって価値観が変わるのですから。

組織風土改革とは主に環境要因に関する部分に手を付けることです。多くの組織コンサルティングは主にこの分野を担当し現状を把握し企業変革に関するプロジェクトを遂行していきます。遠回りになりましたが個人意識改革というのは非常にあいまいな分野でして
・個の集合体である組織なら、個が変われば組織も変わるだろう
という希望的観測のもと個人に「意識変革を求める」「今までと同じじゃだめだ!」ということを(無茶を承知で)要求するわけです。しかしこの難解な課題を解決するためのソリューションはあまりないのではないかと思うのです。
 
企業が自己意識改革を支援する形としては自己啓発だとか自己研鑽に関して補助するといった消極的な働きかけが多かったように思います。

自律型人材には偶然でしか会えないのか

例えば中途採用の募集要件などで「自律的人材を求む」というのは、昨今非常に多くなってきています。裏をかえせばそれだけ自律型人材が不足しているのでしょう。そして自律型人材の獲得は「偶然の出会いに期待する」しか有効的な手立てがないというのが大半の企業の実情ではないでしょうか。※逆にいえば自律型人材と呼ばれる方は人材市場ではニーズが高いです。
組織を変えてくれる人材を募集したい、という要望も多くあるのでしょうが組織を変えるような人材とは通常の採用方法では出会えません

個人が変われば組織が変わる

このテーマは自己を知り、自律型人材となっていくために自己の意識を少しづつ変えていって組織に働きかけ、環境を変えていこうという趣旨です。そしてそうした個人が多くなり組織内の一定の値(比率)を超えていくと組織という人格は変わっていくという考えです。知識<人間力、という発想と置き換えてもいいかもしれません。意識を変えていく、というのは結局のところ毎日の週間の積み重ねしかないと思うのです。これをやれば今日からあなたも劇的に変わる!という処方箋はは決してありません。

まとめ

その為の答えは毎日の習慣を少しづつ変えていくことだと思います。習慣を変えていくことで行動が変わっていきます。意識を変えるのではなく習慣を変えていき習慣をサイクル化していくことで潜在意識に植え付けて行動を変えていくというやり方です。スポーツをやっていた方なら基礎練習を反復することの重要性に共感してもらえると思うのですが、習慣とはこの反復練習のことです。

まずは今の自分がどんな習慣を持っているのか。
どういう思考パターンを持っているのか。
目標に向けてどういう行動パターンを取っているのか。
など現状を棚卸ししてみることが大切だと思います。
どんなルーティンを自分が持っているかを知ることがとても重要だと思います。

自己変革は確かに物凄く大変です。新しい習慣を作って継続していくこともなかなか難しいものです。
 
社会人としての人格形成期をどう過ごしてきたか。
これは個人で大きくばらつきがあり価値観も異なっていくのは当然です。
逆も真なりの発想で企業側が自社研修としてこうした個人の意識改革プログラムを導入してみてはどうかと思うのです。
そうすると・・業務上やらざるを得ない状況になりますよね。

危機感を煽るような手法ですが自社メンバーの意識を変革していきたいのであれば、新卒・中途採用のプロセスにおいて自律型人材と出会える偶然を待つよりも、しっかりとした個人の意識改革プログラムを自社の人材開発に組み込んだ方が自律型人材が組織に出現する確率はグンと上がると思います。

加賀前田家の歴代藩主のエピソードから世の中をどう渡っていくかについて考察された本。絶対幕府に睨まれてないけない環境の中で内外のトラブルによる危機をどうくぐり抜けてきたのかというしたたかさかの処世術

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!