BtoBでサービスを提供する以上クライアントの動き、スピードに合わせて動き続ける必要がある。というか、むしろクライアント以上に先手を取っていく必要がある。

早くかしこく行動できること。行動できる体質であることは大きな強みのひとつになる。議論して細部にこだわりすぎて時間を無駄にすることはできない。

インターネットによって物理的、距離的制約がかなりなくなっている。そんなことは分かりきったことで企業はその背景をうけて動きを加速させている。だからBtoB企業は動き続けることが重要。しかも考える前に動く、じゃなくて。思考はきちんとしなきゃいけない。考える前に動くと単に失敗率があがるだけでしかない。
 

jingoba / Pixabay

体現できる組織になるためには様々な要素があるのだけど、まずは「自分たちが何者なのか」そして「何者になりたいのか」をあきらかにしなきゃいけないよね。
 
そのためには先ず「なにを為さなければならないか」を自分たちが理解しなきゃいけない。そしてクライアントの「なにを解決できて」「企業価値向上にどう貢献できるのか」を理解してなきゃいけない。 
 
自分たちがわからない価値をどうしてお客様がわかるのかってとてもシンプルな話です。
 
戻るポイント、思考の始点をきちんと共有しておかないと、物事はどんどん複雑になっていく。そして会話も何もかもが混沌として堂々めぐりになっていくことって多いんです。重視しなきゃいけないのは「進歩」であって、プロセスそのものや自分のポジションじゃあないんですよね。
 
つまり…内的要因としてまずは自分たちの価値を知り、表明することが必要なんじゃないか。

なんてことを今日のミーティングで考えた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

著者

コースケ

1994年株式会社インテリジェンス入社。人材派遣事業部門立ち上げに参画。その後情報システム室。2000年同社の株式上場を経て退職。株式会社スポーツデータコーポレーション創業参画。03年、SEOサービス専門会社ファンサイド株式会社設立に伴い取締役就任。役員退任後、個人事務所設立。05年、ウェブマーケティング支援を目的としたコミュニケーション・ウェイ株式会社創業。代表取締役社長就任。翌年、コーポレート・コミュニケーション&デザイン株式会社との合併及び商号変更により株式会社ワークスエンターテイメント設立。代表取締役社長就任。経営コンサルティング/人材サービス分野を軸とした事業展開。2011年代表取締役退任。現在はフリーランスとして複数社の経営推進サポートを行いながら、攻城団の永続化プロジェクトに参加中。