何故中小企業はゲリラ戦による現状突破を採用するのか

マス広告はリーチが広い重要なツールだけれど、
ブランドを作り上げていく上での必須条件ではない

ってのが今読んでいる本にでてきた。
 

持続させるための仕組み

たしかにマス広告がうてると集客には瞬間的に寄与する。ぼくが前職で広告出稿したときも瞬発力はいいんです。でも持続しない。持続させるためには広告出稿を続けなきゃいけない。でもたいていは予算がない場合が殆ど。そしてぼくのキャリアの大半(というか殆ど)はいわゆるプロモーション予算がない状態のなかで仕事をすることが多かったです。

例えばリスティング広告予算でいえば月3万円くらいが使えたかどうか。そうすると必然的にいまの状況でどう戦うか。どうやってゲリラ戦を、どこに仕掛けるかなんて話になっていきます。そのゲリラ戦の結果として、次の状況が生まれて「じゃあこの状況をどう活かすか」という思考にならざるを得ません。リソースが限られるからゲリラ戦しか選択肢がないって話ですね。

いまの状況をどう活かして打破するか」と考えるだけでも用意しなきゃいけないことがかなりあるんですよね。
 

By: Thomas Høyrup Christensen
 

なんでもアリってわけじゃない

ゲリラ戦を重ねていくと資産が蓄積できる。資産が蓄積されて、やっと次の話が出てきます。そのための「ゲリラ戦」の戦い方があるんです。まず嫌われちゃあいけない。悪事千里を走るっていう言葉があるように「あの会社のやり方はエグい」って記憶されると次の手が打ちにくくなる。イメージを払拭するのにとんでもない労力がかかるんです。

信頼をつくるのはとても大変ですが大変だからこそ財産になるわけで。このへんは結局経営者や事業責任者の性格だとか価値観によって左右されるんですよね。
※この辺りの戦術としてグロースハックがでてきていますがそもそもは「ソーシャルメディア活用すると0円で売れる!」とかいうワケガワカラナイブームがきっかけだったと思う。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!