検索エンジンに集客を依存する経営リスク

最近多くのところで話題になっているのはやはりGoogle検索経由のユーザが
どのようなキーワードで検索してあなたのサイトにやってきたのか分からくなる
いわゆる(NotProvided)の日が近づいてきたという話です。
 
 ・Google、すべての検索を暗号化、Not Providedが急増

以前からGoogleにログインされている状態で検索経由でウェブサイトに到達してきたユーザのキーワード情報はNotProvidedと表示されましたが、いよいよGoogle自体がすべての検索キーワードの情報を送らなくなっていきます。その結果、どのアクセス解析ツールを使ってもユーザがどういうキーワードでウェブサイトに訪問してきてくれたのか判らなくなってしまいます。ちなみに取得できなくなるのはGoogle経由のユーザに関して。Yahoo!JAPAN経由のキーワードは取れます。
 
ぼくが関係している他のウェブサイトの1つは検索エンジントラフィックの比率がYahoo!>MSN>Google、となっています。まず直近はYahoo!JAPANの傾向性を把握しておくことが大切かも知れませんね。でもこの流れにのってYahoo!JAPANもSSL化してキーワードの情報を送らなくなったら、ほぼすべてのキーワード情報が取得できなくなってしまいますしねぇ。
 

検索エンジン依存症であることのリスク

ところでこのことで一喜一憂していてもしょうがなくて(SEO業者さんは大変でしょうけれど)現実的にどうするか..と考えた時に思いついたというか「こういう方向だろうな」と思ったことをメモ代わりに。

    ・ウェブマスターツールの検索トラフィック-検索クエリ、を確認
    ・平均掲載順位順に並べ替えを行い、掲載順位が高いキーワードを把握する
    ・その中で更に、CTRが低いキーワード確認する
    ・そのキーワードで上位表示しているページを確認する
    ・Googleアナリティクスで当該ページの「直帰率」を確認して基準値より低ければ改善する

※キーワードでどのページが上位表示されているかは、ウェブマスターツールのキーワードをクリックするとクエリの詳細が表示されますので、そこで確認することができます。

でもこういう作業をSEO専業の会社さんならいざしらず、インハウスで他業務を兼任されている方々が細かくできるのかというと現実的にはちょっと疑問ですよね(1回くらいならできるでしょうけれど)。となるとやっぱり発想を転換して

  • 検索トラフィックからの流入依存度を下げる

という方向性に舵を切る必要があるんじゃないかと思うんですよね。
  

検索エンジンからの流入は潜在的ニーズにも適応できる、という側面があります。SEO,SEOという経営者も多くなってきていますが、その真意は「お金がかからない」と思い込んでいる節があります。小手先でいじれば対応できるという発想ですね。ですから比較的安価で、かつ自分たちの手間もかからなくて、コンテンツを制作する必要もないままに、(リスクを把握せず)有料外部リンクに手を出してきたんじゃないかなぁ。
 
ウェブサイト全体の流入で検索エンジンに依存する比率は何%が適性なのか、ということは前提条件によっても左右されますが、SEOのみに依存する集客施策からは徐々に脱却したほうがいいでしょうね。もちろん一朝一夕にはいきません。1年くらいかかるかもしれません。それでも一つの入り口に、しかも民間企業が提供している検索エンジンという入り口にのみ依存する戦術は危険極まりないと思います。

Googleがアルゴリズム変更したら売上に影響受けるんですよね?
Googleのアルゴリズムは自分たちではコントロールできません。
 
突き詰めればGoogle社の思想のもとにアルゴリズムが設計されています。(それが自分にとって邪悪なものに変わらないという保証はないわけです。)そのコントロール不可の部分に、集客を依存している状況は経営的には物凄いリスクじゃないですか。
 
リスクマネジメントは発生をゼロにするのではなくて(極論で言えばゼロにはできない)、発生率を可能な限り低くしていくことだとぼくは思っています。だとすれば今回を機に考えることは一つ。

  • どうやったらサービスを商品を認知してもらえるのか
  • どうすればノーリファラー流入が増えてくるのか
  • 訪問してくれた方々からのコンバージョン率をあげていくにはどうすればいいのか

もっといえばお客さんにリピートしてもらうためにはどうすればいいのか。売った後に「ありがとうございます。また機会があれば…」で終わらせるんじゃなくて。どういうサポートを行って、売った後のマーケティングを開始するのか。
 
こういうことを真剣に考え始めることが戦略の転換に結びつくと思います。その先に顧客満足度やロイヤリティの向上といった世界が待っているんじゃないですかね。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!