ミラクルがやってくる?

ミラクルだねーとかツイていたね、という言葉を聞くことがある。ぼくも実際に言うことがあったりする。逆に「ツイていないね」という言葉の方が耳にするかも。この場合は単なる慰めワードか。
 
でも本音でいうと、こうしたミラクルだとかツキってものを、ぼくはあまり信用していない。否定はしないけれど、平たく言えば自分を納得させるためとか、何かを諦めて前に進むため、そして自分や周囲を割り切らせるために使っていることが殆どだと思っている。
 
というかそういう前提があって、ぼくはこの言葉を使っている。その分では便利だし、超思考停止ワードでもありますね。
 

結果というものは、そうなるべくしてなった理由つまり原因がある。ただそれが1:1じゃなくて、1:nでからみ合っているから、自分が想像できない原因で結果が出た時にミラクルだとかツキという言葉を使っているんだと思う。

どれだけ事前に準備をしたのか。どれだけ考えぬいて行動したのかによって結果は随分と変わってくるはず。もちろんそこには前提条件ってのも付随してくるし、それが自分の影響が及ぶ範囲なのかどうかということも関わってくる。だからこそ影響が及ばない時にツキという言葉を使いたくなるんだろうなと思う。
 

By: Just me….

ミラクルだとか運は自分で呼び込むもの。何もしなくて結果がでるならこんな楽なことはないけれど、そんな因果を無視したことはありえない。だから最大限の準備を行うのです。しっかり準備するからこそ「ツキ」といわれるものがやってくるんだと思うし、思い描いた結果もでてくるんだと思う。
 

思い描いた結果がでなかったら、何かしらの準備や思考が足りなかったんだろうなと思うようにして、その原因を考える必要がありますね。だってそれは失敗なんだから、失敗は分析して原因を仮説だてて、次に活かさなきゃ「成功のもと」にはならないですよね。

準備を進めることができるかどうかはテクニックの話。そんな前提で毎日を過ごしてみると、結構つらいもんです。オチがないんだけど、まぁこういうことを言っているから理屈っぽいとかいわれるんだろうな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!