自分のEvernoteに保存したメモを、ウェブ上に公開できるCilantroってサービスを使っていくつか公開していたのだけど、サービス終了しちゃったらしいので、転記して公開します。

年度末、年度初日といっても毎日がけっぷちの身には大して変わらない日でしかない。むしろがけっぷちという意識をもっているから、毎日ある程度はこのタスクは明日、明後日、来月、今年にどう繋がるのかということを考えながら過ごしている。まるで延々と続く準備みたいなものなのかな。ま、でもこうしておかないといざという時に引き出しの中身が一緒になっちゃうんだよね。
 
「がけっぷち」 というと浮かぶのはバスケ部の素敵なマネージャーが海南戦に負けた翌日に張り出したアレだよね。
 

ぼくの仕事の場合はメールだとかSkype、直接あった時に意見を求められることが多いわけで、その質問も予め想定されているわけじゃない。だからこそ瞬時に判断して回答することが求められる。

回答も瞬時にいろんな事を想定して言葉を選ぶわけなんだけど(これ以上書くとネタバレになるな)、そうするためにはある程度日々インプットと消化作業とアウトプットをしておかなきゃいけない。

かといってインプットすればいいことが起きるかというとそうでもなくて。単に引き出しが増えるかもしれないという可能性が増えるだけ。やっぱり消化作業とか、アウトプットとしてのスライド作りとかをやらなきゃいけない。

あ、でなんだっけ。そうそう年度初日ということでツラツラと考えていたんだ。

えーっとフリーランスになって3年目。組織に属していないが故の信頼が担保できないとかはまぁあるし、それなりの充実とかもほんの少しはある。だけど、いつまでも今みたいに半引きこもりみたいなスタイルで仕事を続けていくわけにもいかないんだろうなぁとかここ1週間ばかり考えている。

いや、引きこもってるつもりはないし、それなりにストレスと憂鬱さもあるんだけど。まぁでもそろそろ娑婆に戻ろうかなぁとかの逡巡はある。ま、戻れるのかとか、そのことに対するリスクも理解していて、コントロールできるのかどうかとかそういうレイヤーでしかないんだけど。

そこは勇気やろとか言われてもちょっと違うし。でも今さら就職とか大変だろうなぁ…
 
ひとまず転職サイトに登録してスカウト来るか確かめてみようかな(うそ)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

著者

コースケ

1994年株式会社インテリジェンス入社。人材派遣事業部門立ち上げに参画。その後情報システム室。2000年同社の株式上場を経て退職。株式会社スポーツデータコーポレーション創業参画。03年、SEOサービス専門会社ファンサイド株式会社設立に伴い取締役就任。役員退任後、個人事務所設立。05年、ウェブマーケティング支援を目的としたコミュニケーション・ウェイ株式会社創業。代表取締役社長就任。翌年、コーポレート・コミュニケーション&デザイン株式会社との合併及び商号変更により株式会社ワークスエンターテイメント設立。代表取締役社長就任。経営コンサルティング/人材サービス分野を軸とした事業展開。2011年代表取締役退任。現在はフリーランスとして複数社の経営推進サポートを行いながら、攻城団の永続化プロジェクトに参加中。