12月にはいってくると、なんだかバタバタしますよね。
「いったいなににバタバタしているんだろう」と腕をくんで考えたら、”ドキュメント作り”に追われているんです。(前職は12月末決算だったので、株主報告書や決算説明会資料の作成準備に入っていたころ)

いまは、とある団体に提出するようの事業サマリーみたいなものを作っています。作文ですね。去年この時期は補助金申請に関するドキュメントを作ってましたね。補正予算案が通過して、公示がでてくるのがこの時期だからですよね、きっと。

Pexels / Pixabay

 
決算報告書はもちろんですが、申請書をつくるメリットは結構あります。いろんなところで言われていると思うのですが

  • 考えていることを整理できる
  • 整理したことを、第三者につたえやすくすることで、自分の訓練になる
  • 理想と現実のギャップを理解できる
  • ギャップがわかるから、「次の手」を理解できる
  • ざっといえばこんな感じです。ぼくのばあいは、もう「文章」をかくのに四苦八苦しています。ただ「かく」だけならできるのですけれど、「つたわる」文を書くのが苦手なんですよね。これに対してやっていることは

  • 類似業種の上場会社の決算報告書をよむ(で、まねる)
  • ひたすら文章を書く習慣をつける
  • をおこなうくらいしか、いまのところ自らに課すトレーニング方法がありません。
     

    stevepb / Pixabay

    このブログもあまり更新していないのですが、「ひたすら文章を書く習慣をつける」ことを来年はもうちょっと意識していきたい。毎日書くのは無理だから、週1くらいで行っていくように相当意識していこうと考えています。
     
    なんてことを考えていると、「この人の書いた文章よみたいな」とか「SNSにこんな長文かくなら、ブログやればいいのにな」とおもう機会が増えてきました。ので人におすすめもしつつ、自分もアウトプットをやっていこうとおもう。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    著者

    コースケ

    1994年株式会社インテリジェンス入社。人材派遣事業部門立ち上げに参画。その後情報システム室。2000年同社の株式上場を経て退職。株式会社スポーツデータコーポレーション創業参画。03年、SEOサービス専門会社ファンサイド株式会社設立に伴い取締役就任。役員退任後、個人事務所設立。05年、ウェブマーケティング支援を目的としたコミュニケーション・ウェイ株式会社創業。代表取締役社長就任。翌年、コーポレート・コミュニケーション&デザイン株式会社との合併及び商号変更により株式会社ワークスエンターテイメント設立。代表取締役社長就任。経営コンサルティング/人材サービス分野を軸とした事業展開。2011年代表取締役退任。現在はフリーランスとして複数社の経営推進サポートを行いながら、攻城団の永続化プロジェクトに参加中。