2016年のDECADEを更新しました。+12になっていたので、表紙タイトルを[DECADEx2+2]にしました。今回が4回めの更新。「今年はなにをやったかなぁ」と考えたんだけど、大きくは2つ。
ひとつは攻城団の法人化。もう一つはずっと続けている組織人事関連のお仕事。この2つを軸に今年は活動をしてきました。
 

 
今年大きかったのは、攻城団のおかげで地元の経済環境のはなしを聞く機会が増えたことですね。「地方創生」って言葉を目にする機会がここ数年増えてきました。具体的には移住とか、U・Iターンといったこと。地域での経済発展といった話になるんでしょうけど、じゃあ具体的にどういう活動が行われているのか、に触れる機会はあまりありませんでした。
 
今回、どういったことが行われているのか、の一端を知ることができました。(ぼくがUターンしたときは、いろんな制度もすくなかったしね)
 
なんというか、ひとつの企業を立ち上げているような感じに脳内では置き換えて(置き換えなくてもいいけど)、話を聞いていました。仕事(求人)をつくる仕事をしているとか、投資ニーズをつくりだすこと、とかね。ひとことでいえば

地域の経済の発展なくしては、発展も持続可能性もない。

 
というふうに経済人としては、つなげて想像しているんだけど。なにしろ経済的な発展がなければ、仕事もなく、仕事がなければ移住もなく。人がいなくなれば消費も減少する。このサイクルに入っている状況をすこしでも良くするための世界って、自分にとってはじめてなのです。企業単位ではもちろんあるんだけどね。
 
面白さを覚えたり、ときには大変さを想像したり、なにかと新鮮な感覚があります。過去のキャリアを活かして、なにか手伝えることがあるかなぁと思ったりもするんだけど、できそうなことは「人材採用関連のベースづくり」「企業の事業支援」ってことかなぁ。 (このあたりは来年いろいろ話をしてみたい気もする。)
 

Unsplash / Pixabay

あとは年間通してブログの更新頻度が、すっかり落ちています。年初にはこまめに書こうとか言っていたのに。文章を書くということは、やらなければ技術的な上達がない。上達しなければ「伝えたいことを伝えられない」ということにもなる。来年こそはトレーニングの意味もこめて、月10本くらいはエントリーしていきたい。思考の軌跡にもなるしね。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

著者

コースケ

1994年株式会社インテリジェンス入社。人材派遣事業部門立ち上げに参画。その後情報システム室。2000年同社の株式上場を経て退職。株式会社スポーツデータコーポレーション創業参画。03年、SEOサービス専門会社ファンサイド株式会社設立に伴い取締役就任。役員退任後、個人事務所設立。05年、ウェブマーケティング支援を目的としたコミュニケーション・ウェイ株式会社創業。代表取締役社長就任。翌年、コーポレート・コミュニケーション&デザイン株式会社との合併及び商号変更により株式会社ワークスエンターテイメント設立。代表取締役社長就任。経営コンサルティング/人材サービス分野を軸とした事業展開。2011年代表取締役退任。現在はフリーランスとして複数社の経営推進サポートを行いながら、攻城団の永続化プロジェクトに参加中。