積読を消化中なのに、2冊本を購入してしまった。1冊目はこれ。書店でパラパラとめくっていたら、「多分自分のやっていることは、これなんだろな」ときたので購入。やっていることなら買わなくてもいいじゃないか、と言われそうなんだけど、立ち位置を言語で説明するときに、こうした本を読んでおくとちょうどいいんですよね。
 
「何でも屋」とか「開発以外のアレコレ」ができるのが特長といってきたけれど、いまいちピンとこない人も多いのでね。いまごろ「コレ系?」とか思うのもおかしな話だと、自問もした。不惑を過ぎて、もう少しでアラフィフに近づくのに、惑ってばかりですよ。きっと永遠に戸惑っているんだろうな。
 
でもう1冊は予約していたのが届いた。Mediumでスライドを知って、書籍がでると知ったので予約してあったんですよね。
 
 
届くまでず―――――っと「逆説」じゃなくて「反逆」と思いこんでいました。「で、どうしたいの」「どしたらいいと考えてるの」という問いは、ガンガン言われたし、自分も言ってきた。良し悪しでなく、そういう企業文化で生きてきた。
 
どっちも実に楽しみな本なんだけど、なんだかんだで読む時間が取れていない。週明け出張の移動時間によもうかな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

著者

コースケ

1994年株式会社インテリジェンス入社。人材派遣事業部門立ち上げに参画。その後情報システム室。2000年同社の株式上場を経て退職。株式会社スポーツデータコーポレーション創業参画。03年、SEOサービス専門会社ファンサイド株式会社設立に伴い取締役就任。役員退任後、個人事務所設立。05年、ウェブマーケティング支援を目的としたコミュニケーション・ウェイ株式会社創業。代表取締役社長就任。翌年、コーポレート・コミュニケーション&デザイン株式会社との合併及び商号変更により株式会社ワークスエンターテイメント設立。代表取締役社長就任。経営コンサルティング/人材サービス分野を軸とした事業展開。2011年代表取締役退任。現在はフリーランスとして複数社の経営推進サポートを行いながら、攻城団の永続化プロジェクトに参加中。