「流行廃りに背を向ける」
一読してどう感じるのかというのは人によって異なるけど、結構深い言葉で、信念を維持して持続していくためにはどれだけのことを成し遂げなきゃいけないのかということをもっと深く考えていかなきゃなと思う。

勢いでドン!ってのも否定しないし、計算していないから故の楽しさがあるけど、偶然でもあるわけだから、壁にぶつかった時に修正が効かないってのもあるよね。
 
修正が効かないのは個人においては別にどうでもいいけど、会社になると結構危険だなと。
 

RocknRoll Baby!RocknRoll Baby! / tienvijftien

  
色んなことを調べて計算して、自分たちの動きと効果を計算して、取り組んでいくのがある意味いちばんパンクだよなと最近思う。

それでもその通りにはいかないだろうけど、偶然を待つよりもしっかり地に足つけて持続可能性を追うってことに意味があるんじゃないのかな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

著者

コースケ

1994年株式会社インテリジェンス入社。人材派遣事業部門立ち上げに参画。その後情報システム室。2000年同社の株式上場を経て退職。株式会社スポーツデータコーポレーション創業参画。03年、SEOサービス専門会社ファンサイド株式会社設立に伴い取締役就任。役員退任後、個人事務所設立。05年、ウェブマーケティング支援を目的としたコミュニケーション・ウェイ株式会社創業。代表取締役社長就任。翌年、コーポレート・コミュニケーション&デザイン株式会社との合併及び商号変更により株式会社ワークスエンターテイメント設立。代表取締役社長就任。経営コンサルティング/人材サービス分野を軸とした事業展開。2011年代表取締役退任。現在はフリーランスとして複数社の経営推進サポートを行いながら、攻城団の永続化プロジェクトに参加中。