noteにアカウントを作ってみた。
過去のエントリーを読み返して、今の自分の思考と変化している部分をアップデートしようかなと考えた時に、ふと思いついて、そっちにエントリーしてみようかなと考えてみました。

やってみたら、これがまぁ転載するほどのことはなにもなくて。2年前のエントリーとか読み返しても何もないんですよねぇ。改めて自分は折衷主義なんだなぁと思う。
日々の吐露といえば「徒然草的」で、聞こえはいいんだけれど、本来は手元の日記帳に記載すべきようなことが多いのかもしれないなぁ。
 
あぁいう場所っていうのはきちんとした主張がある人が活躍する場だ、とぼくはなんとなしに思っているんです。自分に置き換えてみると、そういう「~べき」というこだわりがあまりないんですよね。なので書くことが、つれずれをダラダラと書くことになっている。
 
こうした姿勢というか、個性はポジティブなときは(それが自分の倫理観と大きなズレがない限りは)多様な意見を比較的受け入れて、物事を進めていけるんです。
 
でも反面ネガティブな反応を示したり、その匂いを嗅ぎつけると「じゃあもういいや」とすぐに撤退したくなる。昔からのぼくを知っている人はきっと同意してくれるんじゃないかな。

ぼくが守りたいもは自分の倫理観であって、執着してまで成し遂げたい事業があるわけじゃないんですよね。前から書いているように別に名前を残したいわけでもない。だから、何かを達成して認められたいって気分が薄い。まぁ経営者としては致命的なわけですよね。

かといって引き上げてばっかりだと、そんな我儘が許されるはずもないし、ご飯も食べられなくなっちゃうし、もちろんやらないんだけれど。うん、やらないぞって執着はきちんとある。

でもどっかで「もういいや」って思っているんだよなぁ。
本当に最悪の場合は、終了ボタン押せばいいと考えているしね。

とりあえずアップデートは少し続けていってみる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします