社長室は必要派ですか?不必要派ですか?

社長室は必要かどうか的な話を(どこだったか忘れたけど)数日前に見かけて、以来なんだか頭のなかに残っていたので、自分の考えをエントリーしてみる。

ぼくは社長室ってあったほうがいいの?と聞かれたら「あったほうが何かと便利」と答えます。社長室は必要派です。みんなが思い浮かべる重役フロアにあるような社長室で、完全防音ってのとはちょっと違うけど。
 

By: jo-marshall (was Jo-h)
  • 社長と同じフロアで仕事ができること
  • 社長と同じフロアで仕事ができるので風通しが良くて、いつでも話ができます
  •  
     
    こういう点をアピールポイントにして採用コンテンツをつくる企業って多いと思うんですよ。採用媒体みていると見かけますよね。その事自体は別に否定も肯定もしないで、好きにすればいいじゃないのって思います。言いたいのは日常的に閉じられて、「音がもれない空間が必要な場面って案外あるよ」ってこと。
     
    自分の過去経験からいうなら、社長室、より正確に言えば考え事を行ったりするための別室があればよかったなぁと思っています。なのでデスクが別に2つあってもOK。ただし収益状態によりますけどね。

  • 社風が風通しがいいこと
  • 社長を始めとした役員陣とすぐに話しができること
  •  
     
    ということと、「社長室がなくて、仕切りのない同一空間で仕事をしていますよ」ってことはまったく別物だと思うんです。
     
    社長にとって、他の人に聞かれてはまずい、聞かれたくない電話をしなければいけない局面ってやっぱりあります。そもそも聞かせてはいけない会話もあります。後ろめたいとか、恥ずかしいとはいう類のものではないんですよね。とくにキャッシュに関係すること、業務提携に関連することといった社外秘情報が含まれるような会話の場合は互いに気をつかうだけでしかありません。

    また集中して考え事をしなければいけない時も案外多いものです。そういうときに、同一空間に他の人がいると、きちんと会話ができませんし余計な気を使うんですよね。だったらはじめから空間を分けておいた方が精神的によほどいいです。顔をみて仕事をしたいのなら間仕切りをガラス板や透明にすればいいんです。
     
    ぼくの場合は携帯電話をもって非常階段にいくとか、会議室に移動して電話したりしていましたが、その時点でかなり不自然ですし「あ、何かまずい話をしているんだな」と察せられてしまいますから、みんなも変な気を使うし緊張感がでるんですよね。

    気を使うのは別の局面でいいんです。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!