数字に結びつかない施策なんて意味がない

インバウンドマーケティングは難しいと思われがちですが
結局は社内の仕組みづくりがキモになります。
そしてそこに必要な視点はLTVだと思います。

売上を問い合わせを今よりも多く獲得することが目的であり
インバウンドマーケティングとはその戦術だというコトです。

インバウンドマーケティングとは
そもそもサイト自体を見直したうえで
サイトに到達してくる潜在顧客を

    1.情報収集中のセグメント
    2.興味あり。問い合わせしてみるセグメント
    3.具体的な情報を知りたい

と仮説に基づいたセグメントに分けて対応することにより
アウトバウンド営業のみの体制からより多くの
問い合わせを獲得する体制へ自社を移行する
 
ことが目標で、その目標に対して自社サイトを最適化し
コンテンツを充実させ継続的に
見込み顧客とコミュニケーションをとる体制を作る作戦。
これがインバウンドマーケティングの概念なのではないでしょうか。

そして、そこには知識もシステムも必要になってくるのですが
引きずり回されて本来の目的を見失わないように。
どうもインターネットや情報システムが絡むと
思考停止される組織が多い気がします。

また問い合わせをもらった後のフォローや
顧客化したのちのリピート戦略も必要ですよね。
となるとインバウンドマーケティングというのは
コンサルティング領域に入るサービスだと思います。

新規顧客獲得に関する社内営業体制の一新

    ウェブから現場まで一気呵成の体制づくりと同時に
    既存顧客のリピート率をどう高めていくか
    この両面作戦を一気呵成に進めることができるのか
    どのくらいのスピードでやっていきたいのか

という点がインバウンドマーケティングを
社内に根付かせるための最大のキーだと思います。
数字をあげるために、組織改革をやる。
ウェブサイトの運営方法を見直す。
それをやったら数字が変動する。

だから経営者はインバウンドマーケティングを導入するのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!