この秋に任期満了に伴う七尾市長選が行われる。そこでも企業誘致がテーマの一つになっているみたい。市議会でもこの話題は取り上げられていましたし。企業誘致でみてみるとそれを前提とした工業団地の整備とか助成制度といった施策が多いのはどこの自治体も同じですね。

[七尾市]企業立地に対する・助成支援制度
石川県企業誘致ガイド

実は去年依頼されたことがあって市役所に企業誘致に関する助成制度について質問をしにいきました。
その際伺ったのですがIT/ソフトウェア関連企業の企業誘致実績は0。
ちょっと色々調べてみたけど具体的な経年での実績件数は見当たらないですね(誰か知っていたら教えてください~)

石川県は移転誘致型の工場誘致が多いらしいのですがそれは加賀地方の方で小松市とか白山市です。本社移転しちゃいましたけどコマツとか代表的ですし。IT業界では知られているPFUとかEIZOブランドのナナオもそうですね。

能登地方も工業団地はいろいろあって外的要因は整備しているようですが

  • 輪島市臨空産業団地 (輪島市三井町三洲穂ろ一番地他、輪島市産業経済部)
  • 正院農工業団地 (珠洲市、珠洲市商工観光課)
  • 七尾市南部工業団地 (七尾市下町、七尾市産業部)
  • 七尾港大田工業用地 (七尾市大田町、石川県土木部)
  • 堀松工業団地 (羽咋郡志賀町字堀松、志賀町商工観光課)
  • 能登中核工業団地 (羽咋郡志賀町字若葉台、中小企業基盤整備機構北陸支部、志賀町商工観光課)
  •  (wikipediaから)

    七尾市内に限って言えば企業誘致に大成功しているとは言い難いでしょうね。成功していれば市議会での議論にはならないでしょうし、そもそも次期市長選でのテーマの一つにはでないでしょう。
    何十年誘致に失敗しているのだろう。雇用を産み出すというのは今までも続いている大きなというか根本の課題ですね。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    著者

    コースケ

    1994年株式会社インテリジェンス入社。人材派遣事業部門立ち上げに参画。その後情報システム室。2000年同社の株式上場を経て退職。株式会社スポーツデータコーポレーション創業参画。03年、SEOサービス専門会社ファンサイド株式会社設立に伴い取締役就任。役員退任後、個人事務所設立。05年、ウェブマーケティング支援を目的としたコミュニケーション・ウェイ株式会社創業。代表取締役社長就任。翌年、コーポレート・コミュニケーション&デザイン株式会社との合併及び商号変更により株式会社ワークスエンターテイメント設立。代表取締役社長就任。経営コンサルティング/人材サービス分野を軸とした事業展開。2011年代表取締役退任。現在はフリーランスとして複数社の経営推進サポートを行いながら、攻城団の永続化プロジェクトに参加中。