価値観の一つ

ぼくは案外フィロソフィーを大事にするタイプです。そこにfaith/信義とか誠実さを屋台骨として据えたいと思っています。まぁ面倒くさいタイプです。色んなことにすぐ意味づけをしたがります。

そんな価値観の1つに仕事取り組むときの自分なりの進め方の1つにドキュメント化ってのがあります。

何かを始める時は自分から0→1を発想するよりも、だれかが「こういうことやりたい」とか「~な感じで考えている」ということを聞いて、そのことについて別途打ち合わせをしましょう、という流れになるケースが殆どです。(自分自身が0から発想するには不得意ですし)

何かを示唆する話がでたあとは、具体的に打ち合わせを行うことになりますが、そこまで時間があくと、一度メモを起こしたり色々考えてごちゃごちゃ煮詰める時があるのですが、(時間と精神に余裕があれば)一度ドキュメントを起こすんですよね。その方が

      方針についてのコンセンサスを得やすい
      サービススキームのアイディア出しの素材になる
      課題点を明確にできる(当日聞きたいことの整理)

なんてメリットがあります。

それに白紙の状態で打ち合わせるより、目の前に何かがあった方がお互いに話しやすいことってあると思うのです。ということで今回もつくっていました。先日のエントリーに関しての資料なんですけどね。ちょっとだけキャプチャを貼ってみる。

送られてくる予定の資料はちょっとまだ手元に到着していなくってエントリーに掲載されたフレーズのみから得た着想だけなのですけれど。過去にやってこられたご活動のほんの一端を垣間見ているのでそのエッセンスをぼくなりに解釈した形で加えつつ打ち合わせ用の資料を作成しました。

昨日に資料の仮版をつくったので今日見直ししようと考えていたら、「そういえばまだ打ち合わせ日程決まっていないなーいつくるんだろう?」と思っていました。すると先ほどメール到着。

TeroVesalainen / Pixabay

来週来県していただけることになったので金沢にいってきます。能登から金沢にでるのは車だとラクなんだけどぼくは電車移動の人なので小旅行っぽい感じです。それにしても、わざわざお越しいただけるのは本当にありがたいことです。自分の立ち位置なんかも現時点ではよくわからないんだけれど、色々お返しできるように精一杯何ができるのかな、ってたくさん悩んでおきます。

最近思うのですが「悩まないってのはウソ」ですよね、きっとみんな悩んでいる。悩まないのなら悩まない世界にいるだけで。一つの悩みが終わったら、また次の悩みがやってくる、ってのはきっと悩んでいる自分をどこかで楽しんでいるのじゃないかな。その繰り返しを毎日毎週グルグルと回りながら、どこかに辿り着くために、話したり暴れたり壊したりしながら何とか辿り着くのが、ぼくにとっての誠実という言葉を構成する要素の1つだったりするよなぁと。

ということで当日使うかどうか判らない資料を今日もせこせこブラッシュアップしているのでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!