カメラ・カメラ・カメラ

いきなり引用からはじめるんだけど、この一節を読んでいて、先日の自分たちの行動と重なるものがあった。 やっぱり僕は感動がポイントだと思うんです。僕らの仕事は観る人の心を洗うことだから、どう感動を引き出すかにこだわらないと […]

憧れはつづいていく

ぼくはモノづくりが実に苦手だ。小学校の時図画工作の時間があったが、工作の時間が何よりも苦手だった。といって図画が得意なわけでもない。クレヨン時代は写生大会で金賞だかなんか賞をもらった記憶があるけれど、絵の具になった瞬間に […]

売上を上げるために必要な仕組みと、仕組みをつくるのは価値観だろうという話。

知人から起業すると聞いた。正確に言うと彼にとって数社目の創業なので、はなしを聞いても正直新鮮味はそんなに感じないという冷静な感想なんだけど。しかし、そのバイタリティには本当に感心する。裏を変えればぼくはもうそのバイタリテ […]

誰と、なにを、どういうポリシーでやるか

もう10日も経っているんだけど、せっかくメモに残してあったのでログとしてブログにも書いておこう。5月はじつに際どい月だった。何が?って心身ともに久しぶりにすり減っていることを自覚症状として体感できた月だった。 手帳をみて […]

もしもチャットだけで会議が完結できるのならば

詳細はちょっと書く元気が消えそうなので後日として そういう市場があるのか(ぼくにそういうことができそうに見えるのか) 営業方針的なことの再確認 いまの組織ステージで、そこまでやる必要ないかも この人数で情報断絶が起きるの […]

己を知るのがいちばん難しい

先日、小規模事業者持続化補助金が追加公募になったとの案内をもらい、商工会議所で説明会があるとのことで誘われるがままに参加してきました。 この手の説明会はまさしく「要項の説明をきく会」なんだけど、その通り話を聞きながら 自 […]

「量が質をうむ」ということは挑戦、トライアルする回数を自らのコントロール下におくということ

「量が質をうむ」ということは挑戦、トライアルする回数を自らのコントロール下におくということだろう、と思う。環境だとか結果はコントロールすることがとてつもなく難しいけれど、挑戦する「量」はコントロールすることができる。こう […]

万年筆を使いはじめた

ここ最近万年筆にハマっている。といっても、「あ、これいいな」と感じたものや、以前使っていたメーカーの新しいシリーズがでたときに追加購入する程度なんだけど。ミーティングのときもノートにシャープペンシルで書いていたのだけど、 […]

もの言わない部下

「もの言えぬ部下」というテーマを友人がブログに書いていた。「もの言えぬ部下」がじょじょに「もの言わせぬ上司」になっていくっていう話なんだけれど、かつて「もの言わない部下」になった経験ならあるな、と思い出しながら飛んでいた […]

創業期に欲しいもの(が知りたい)

経営戦略のもとにマーケティング、人事採用、組織開発、営業、経理財務といった各分野それぞれの戦略戦術があるとして、経営者をやっていたときに、「あぁこれはきついわ」と思ったことってなんだろうなぁと3分くらい考えてみた。   […]