選択と集中

選択と集中ということばがある。実際にやろうとするととても難しい。その理由は、すでにある事業をどう整理するかにもたつくから。選択するということは「やらないことを決める」ことなんだけど、多くが「これもやりつつ、『こっちにも取 […]

資金調達の種類とポイントをざっくりまとめた

先日もちょっとMessenger経由で資金調達について相談をされました。全然財務分野でもないし、正直それほど詳しくはないのですが、まぁ10年近く経営の場面にいたことで資金調達に関係する仕事を行ってきました。実際は調達どこ […]

法人の種類と特長

法人を設立するにあたってはいくつか選択肢があります。事業の目的に応じてどの形態をチョイスすればいいのか決めればいいのですが、今回少し調べてみたので備忘録としてエントリーしておきます。(あとで多分読み返すしね) まず選択肢 […]

ダイバーシティは眠れない

  ここ2年位企業の組織戦略についてちょっと調べたり、聞いたりする機会が増えてきました。その流れの中で厚生労働省とか経済産業省が懸命に取り上げているいわゆるお墨付き銘柄。具体的に言えば、なでしこ銘柄とか健康経営銘柄に指定 […]

再現できないことは偶然で 再現できることを科学という

ハーバード・ビジネス・レビューに面白い翻訳記事が載っています。 顧客体験のインパクトは数値化できる 顧客体験のインパクトは数値化できる | HBR.ORG翻訳マネジメント記事|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュ […]

「経営センスの論理」-をよみました

ちょっと前になるんですが、楠木建さんの「経営センスの論理」を読みました。   ぼくは経営は「論理で布石を打っていく」部分と「熱情の総量」で動いていく部分の加減乗除が大切だと思っていて。この本は「熱情の総量つまり、右脳的な […]

結果が先に見えないのは理解力や想像力が足りない

これは北見さんのことば。 結果が先に見えないのは理解力や 想像力が足りないコトだろ つまり知恵や経験をベースに 考えられナイってことだわナ もともと考えても わからないのか それともめんどうくさいから 考えないのか 面倒 […]

ないと困るけど、あっても困る

洞察力がある 先見力がある 知恵がある 知識がある 経験がある 理知を持ち 覇気もある 実行力もある ただひとつ。 決断力がない。 ある、というものに 縛られて 考えなくてもいいことを 想像してしまい ある、がゆえに 慎 […]

変わらないのか進歩がないのか

まあ結局 ビジョンとか 経営理念とかの話で。 それらが事業ミッションや 行動基準、判断基準。 あるいは人事評価や採用方針 研修制度といった レイヤーと紐付ける必要があるし それを意図して毎日動くことを 積み重ねることで […]

「いいアイディアない?」につける薬

先ほどのエントリーの[追記]の続きになりそうで別エントリーしておいたほうがいいなと思ったので走り書きしてみます。     目的を設定する際に実現可能かどうかを考えます。そのときには理想を言語化することは勿論ですが、平行し […]