何から手をつけるべきか

中心市街地活性化
地域商店街活性化法 地域経済再生を考える上で既存店舗売上アップの数値目標に意味はあるのか?

読んでみて概ね納得できました。柄にもなく書いてみたけど地方に住んでみると物凄く起業しにくい環境ですね。

単純なことでいうとオフィス環境自体がない。
必然的に最近はやりのノマドウォーカーになるしかないのですが、それだと会社創業という感じにはならないのですよね。まぁノマドする場所もないし、仕事をするうえでノマドは危険な環境を自分で作りだしているから不要なんですけれどね。

お店をやる、独立したり暖簾分けしてもらったりとそういう形では立ち上がれるけど、首都圏で起業するようなビジネスは立ち上げにくいな、って感想を持っています。人を雇用する創業という意味です。地方を活性化するには雇用を産み出すようなことが継続的に起きていかないとなかなか難しいと思うようになってきました。

地域の持つマーケットの大きさの問題だったり、1次2次産業に偏っていたりするからなと様々な要因があると思うのですが多種多様な事業が成り立つような土台がまだまだ地方にはないような気がしています。このリンク先でも触れられてもいますが起業家を育成する仕組みもちょっとないし起業するって発想も一部の人を除いてないような気がするな。何よりも”地域の顔”ってのが最優先されているような印象も強いのです。
 
仕事に対してもとめるものも首都圏とはおのずと違うと感じています。それで結局「企業誘致」って言うしかないのですよね。

ベンチャービジネスが成り立つのか
というと物凄く疑問だらけです。そもそもベンチャーで働きたいという発想があるのかどうかも分からない。なので仲間さがしから苦労するのよね、きっと。

「地方の時代だ」ってのは、最近よく聞きますがまずはそう言っている人はぜひ地方に定住してみてもらいたい。城下町という地域も癖があるものだが地域による価値観の相違ってのは本当に物凄く差があるんだなと思う。まぁそんなことばっかり言っていても何も動かないのでどうやって価値観を変えていくか。どうやって事業を立ち上げて拡大していくか等々を思案しなければいけないんだけどね。今の課題はそういうテーマで話せる身近な人を見つけるってところだな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!