Googleタグマネージャーの導入方法

Googleタグマネージャーはタグの管理ができるツールです。
GoogleアナリティクスやAdwordsなどで
ウェブに埋め込むタグやFacebookやTwitterなど
javascriptを使用するタグなどのように
いままでサイトに個別で埋め込んでいたタグを一括で管理することができます。

Googleタグマネージャーの便利さ

ECを運営している人だとわかると思いますが
トラッキングコードを書き換える際には全ページ
または指定箇所のタグ入れ替えを行う作業が発生して
とても大変です。タグマネージャーをうまく使うことで
いままでの作業よりもずいぶんと楽になります。

どうしてかというと、サイトに埋め込んだコードそのものを
変更するのではなく、タグマネージャーの管理画面の
情報を変更することでトラッキングコードを
埋め込み直したと同じことになるからです。
例えばウェブサイトの修正に部門間で
稟議をあげなきゃいけないだとかはなくなります。
とはいってもデメリットもあります。

Googleタグマネージャーのデメリット

すでにアナリティクスのトラッキングコードを埋め込んでいる場合は
対象となるトラッキングコードはすべて削除して
あらたにタグマネージャーのコードを埋め込みなおす作業が生じます。
これはそこそこ手間ですし、オリジナルのjavascriptなどで
測定を行なっている場合はそれなりの知識も必要になります
(依頼すれば手間とお金がかかります)

Googleタグマネージャーを導入する背景

それでもウェブ解析を今後しっかり行なっていきたい
と計画している場合は効率的な運用ができることは
間違いありませんのでタグマネージャーの導入を
検討してみてもいいと思います。

ぼくは関係しているサイトのウェブ解析を
来年度からしっかり行なっていくことがきまってきたのと
新しもの好きだということで自分で調べて
テストして運用を行なってきたいと考えて
設定をおこなってみることにしました。
(ま、やるのはぼくなので)

Googleタグマネージャーの導入方法

まずはタグマネージャーの導入方法からメモっていきます。

タグマネージャーへのログイン

http://www.google.co.jp/tagmanager/

最初はタグマネージャーにログインします。
01_Google_tag_maneger

ログイン後アカウントを作成します。

コンテナの作成

Googleアナリティクスでいう”プロパティ”です。
ウェブサイトごとに1つのコンテナを持ちます。
02_Tag_Manag_account_conten

利用規約に同意すると次に進みます。

コードを取得します

どうやらここで色々なタグの代わりにサイトに埋め込む
Googleタグマネージャーのタグが発行されているようです。
今回はGoogleアナリティクスで使用するタグなので
アナリティクス(の画像)を選択します。
03_cord_sakusei

タグ名を記入します

前の画面でGoogleアナリティクスを選択していますので
トラッキングIDを入れる必要があります。
トラッキングIDは「UA-xxxxxxxx-xx」で確認できるIDです。
04_tag_name

Googleアナリティクスの
[アナリティクス設定] → [プロパティ] → [プロパティ設定] または
[アナリティクス設定] → [トラッキング情報] → [トラッキング コード] で確認できます。

ちなみにタグの種類は色々あります。
05_tag_iroiro
用途に応じて選択していけばいいと思いますが
多いのはadwordのリマーケティングや
コンバージョントラッキングではないでしょうか。

さてここで入力が終わったら「保存」をクリックします。
変わった画面で左側にメニューが表示されていますので
「ルール」を選択します。

ルールを設定

06_rule

ここは基本的にはURLで設定します。
「含む」「等しい」「前方一致」があります。
今回は運用するサイトなので「含む」にしました。
07_rule_url
URLを入力して完了です。

これでGoogleアナリティクスのタグと
タグを動かすためのルールの設定が完了しました。
次はこれを組み合わせて動かすための設定です。

タグとルールと配信

左側のメニューから[タグ]を選択し先ほど作成したタグを選びます。
画面が変わりますが、右上の方に[配信のルール]があります。
08_tag_ruke_right

[+追加]をクリックするとルールの選択画面が表示されます。
09_tag_ruke_sentaku
先ほど作成したルールが表示されてますので
チェックを入れて保存します。

タグの編集画面に戻りますので
再度下部の保存をクリックして保存す。
これでタグとルールの設定が完了です。
カタカナだらけでちょっと疲れてきますが、まだ続きます。

次はバージョンの作成と公開です。
バージョンとは履歴で、いってみれば履歴をセーブする機能です。
これを行うといままでの設定が「確定」になりますので
本番環境に反映させることができます。

バージョンの作成

画面右上に[バージョンを作成]があります。
10_tagmanager_version

バージョン作成に成功すると画面上部にテキストが表示されて
左メニューにバージョンが追加されていることが確認できます。
12_tagmanager_version_kakun

この画面で右上の[公開]をクリックすれば本番環境に反映されます。
公開中のバージョンは左メニューの[バージョン]の[サマリー]で確認できます。
13_tagmanager_version_kouka

あとは利用したいタグのルールを作成していくことになりますが
以降は別エントリーで。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!