【お知らせ】正司泰一郎氏の公開対談テキストが公開

voice-talk.jpに第2弾の更新が掲載されました。
第2弾は元宝塚市市長の正司泰一郎氏。
  
エントリー一覧はこちらから。
Vol.1宝塚市雲雀丘。という街
Vol.2街ぐるみ、街ごと博物館
Vol.3まちづくりにかける想い
Vol.4 は明日公開予定。

正司泰一郎氏。阪神・淡路大震災のときの
兵庫県宝塚市市長さんです。
手塚治虫記念館を設立したり
賛否両論になった安藤忠雄氏設計の
ナチュールスパ宝塚をやったりとか。
あとはご自宅が大正時代から残っている建物で
国の登録有形文化財になっています。
 icon-external-link 正司邸・庭園(兵庫・宝塚市)でチャリティ・オープン・ガーデン

テレビドラマの撮影舞台にもなっているようです。
正司氏にはぼくも幾度がお目にかかり
今回アップされた内容と一部重なるような
ことをお聞きしました。
 

ぼくは地元の人ではないので市長時代のことは
あまりよくわからないし、評価判断をする必要もないので
直接お会いした印象でいうと
元気な方だなぁというのが第一印象。
次に理想から物事を組み立てていく
タイプの方なのだなぁと感じました。
今回アップされていない内容も含めてね。
 
今回のアップはイベントのなかで行われた
公開対談の全文テキストなのですが
読み返してみると会場で聞いているよりも
色々考えながら読むことができますね。

なんというのかなぁ。
その時はためになるのかすらわからなくて。
いったい誰のためになるのかもわからない。
でもいつか誰かのためになること
ってあると思うんです。
voice-talkをやっていると
そんなことをふと思ったりします。

次回は俳優さんの登場が予定されています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!